花粉症は国民病です! 対策&予防に奇策はありません。ホメオパシーの考えに基づき、抗体を作ることから始まります。
飲む減感作療法!花粉症対策の決定版です。 花粉症&アレルギー性鼻炎対策
健康ステーション
おすすめ商品
よくある質問
症状別対策
抜け毛・薄毛
更年期
風邪
冷え対策
新陳代謝
アミノ酸
ビタミン・ミネラル
花粉症、鼻炎対策
スギ花粉エキス
フォレスト
花粉番
海の素
シジュウム茶
甜茶エキス+しその実油
竹酢液
OSアロマ18
機能マスク「やすらぎ」
その他サービス
資料請求はこちら
掲示板
メールマガジン申し込み
はじめての方へ
当社について
ご注文方法
送料について
返品について
返品・返金保証
無料相談

トップページ お問い合せ
カンタンに誰でもすぐに取り組める花粉症対策
     クスリに頼らない!「花粉症対策の新常識」

    飲む「減感作療法」で辛い花粉症の時期を乗り切ろう!

2017年全国のスギ・ヒノキ科花粉飛散予測総合コメント 

 2017年の花粉飛散量は、近畿地方、四国地方と九州地方で、前シーズンの2倍以上の飛散数となる見込みです。また、東海地方、中国地方は多く、北陸地方はやや多く飛散する予測となっています。関東地方はやや少なく、北海道、東北地方では少ない見込みです。

 西日本を中心に花粉が多くなる傾向が予想されている理由は、今年の夏の天候にあります。花粉の飛散数は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数が多くなるといわれています。それでは、2016年の夏を振り返ってみましょう。
 2016年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多くなりました。また、北海道では降水量が記録的に多くなりました。

 ただ、風が強い日や雨の翌日は一時的に花粉の飛散が増えることがあります。飛散量が平年より少ない予想でも油断せず、早めに対策するのがおすすめです。ウェザーニューズの「花粉プロジェクト」には、症状が重くなる前から花粉をなるべく体内に取り込まないことが花粉症対策に効果的とのリポートが寄せられています。
 例年、2月以降は次第に花粉飛散量が増えてくるので、花粉シーズンに備えてください。


 とうとう嫌な季節の到来です。

 そう、私自身が89年の発症で、27年来のキャリアなんで、どうすれば楽に乗りきれるのかをずっと考えてきた訳です。
 発症した日の朝は、思い出すだけでも嫌になるくらいです。起きた瞬間から、鼻水が止まらず、数十分でティッシュ1箱が無くなる始末。

 そして出勤後、事情を上司に説明し、耳鼻科が始業する時間に駆け込んだのです。そこで鼻水を調べると、特殊な染料で染まり真っ赤になった花粉がビッシリ。

  そこからが、花粉症との闘いが始まったのです。




 花粉症と言えば、

 
「鼻ズルズル」「目カイカイ」「夜寝苦しい」「起床すると、鼻が何とも言え

ない不快感&鼻が詰まり息苦しい」「頭がぼーっとしたり、集中力も奪わ

れてしまう季節」


 それに加えて、
「花粉症対策グッズの携帯」「あんた誰って言われかねない

格好まで強いられる」
季節ですよね。

 
花粉症キャリアにとって、本当にうっとうしい季節です

       


 
でも、2003年は史上2番目という花粉の飛散量でしたが、私自身が楽に乗り切れたのです。

 
つまり、花粉症の苦しみがたちまち解消された!!のです。

 だから、
同じ悩みを持つ方達に早くお伝えしたかったのです。


 
 その前に、減感作療法をご存じの方ですから、問題点をまとめておきますね!
 1.花粉の採集時期がバラバラで一定していない
 2.煎じる濃度(人によって最適な濃度を決めることが難しい)
 3.長期にわたって注射を打ち続けることによるリスク
 4.注射跡が痒くなるなどの後遺症
 5.注射を打つ為に、通院し続けなければ面倒くささ

 などなど、体験された方はご存じでしょうし、他にもあるかもしれません。
 実際、私は注射の方は、体験しておりませんので、分かりませんから。



  
それでは、飲む減感作療法」を体感された方の声をお読み下さい


ちょっと飲んだら、
鼻水がぴたっと
止まった


横浜市・会社員
滝治さん
 (44歳)
 私の息子は、いつも春先になると花粉症に悩まされています。涙はポロポロ、鼻水はグジュグジュで、いつも何とかしてあげたい思っていました。しかし、子供には薬や注射には抵抗がありました。
 そんなある日、友人の家で“花粉エキス”というのがあるから、飲ませてみたらとすすめられ、それが何だか分からずに半信半疑で飲ませてみたのです。

 すると、鼻水がぴたっと止まったとのです。その場で、花粉エキスを譲ってもらい、しばらくは鼻水止めとして使っていました。そのうち、目の涙も止まってきて、いままでもほとんど痒がらなくなりました。

 後でわかったのですが、
「減感作療法」というのが最近盛んにやられていて、花粉エキスもそれだったので、効かないわけがないんですね。それに100%天然素材だから、身体にも安心ということなので、子供の花粉症に悩んでいる親は、ぜひ試してみたら良いですね。

 花粉エキスと出会ってから、家の中にこもってばかりの息子も外に出るようになり、学校での授業も集中出来るようですし、何よりも息子の笑っている顔が多くなったことが親として一番うれしいですね。

2~3本飲んだら
鼻水をすする
クセが消えた


千葉市・中学生
田中大貴さん
 (14歳)

 幼い時から冬になると、鼻水が出て、熱も微熱が続きました。医者へ行っても風邪薬程度で、鼻水が止まっても咳が激しく夜も寝ていられませんでした。
 毎年、1月終わり頃から4月半ばまで続くので、鼻炎だと思いましたが、当時、小児用の鼻炎薬は販売されていませんでしたので、風邪薬を代用していました。

 幼稚園から小学校までは、
花粉が舞う季節になると、“ズッ、ズズーッ”と鼻水をすすり上げるのが癖になっていました。食事の時も口に食べ物が入っている状態で、鼻がムズムズしてクシャミをしたり、我慢してもクシャミが出たりしていました。
 中学になり少しは良くなるのかなと思っていましたが、部活で外に出る機会が多く、状態は変わりませんでした。

 花粉エキスが良いというので、親から購入してもらったら、“鼻がスースー”するようになりました。鼻水は止まりませんでしたが、鼻をする癖が減りました。
2から3本飲んだ頃には、鼻をすする癖もなくなりました。食事中にクシャミをすることもなくなり、大変助かっています。

2本目を
飲んだら、
鼻水と涙目が
出なくなった

浜松市・OL
稲葉知美さん
(27歳)

 私は、会社でパソコン業務をこなしていますが、いつも花粉が飛び交う季節になると、目が充血してかゆくなり、涙目もひどい状態になります。液状の鼻水が流れ出て、会社にいてもいつも鼻をかみ、鼻がこすれ、赤くなってしまいます。同僚から笑われたりし、春先が憂鬱でしようがありませんでした。
 そんなとき、花粉エキスを友人から紹介されたのです。そんなの効くのかしらと思って飲んでみたのです。あまり美味しくありませんでしたが、2本目を飲んだあたりから驚くことに鼻水も涙目も止まるようになったのです。
 鼻水をしょっちゅうかむこともなくなり、マスクをつけて外出する必要もなくなったのです。何より、鼻をかまなくて良くなったので、仕事に集中が出来るようになったのがうれしいです。
 これまで花粉が飛び交う季節には、あまり外出せず、家の中で引きこもっていました。今年は、早めに飲み始め、花粉の季節に備えておき、楽しい春を迎えようと思っています。全国の花粉っ子、花粉エキスを飲みましょうって感じですね。


  更に体感者の声を読みたい方は≪こちら≫

  
開発の経緯はこちらへ


 
 【花粉症の実態】

 ジャーナリスト・上部一馬さんのレポートから

 朝日新聞の全国世論調査で、回答者の22%が「花粉症」と答え、「花粉症かも知れない」と感じている人が15%で、合わせると37%の人が何らかの症状が訴えていることが明らかなに。
 この調査によると、大都市に住んでいる人ほど、花粉症にかかっている人が多いようで、以下のように各地域で20%以上が花粉症がかかっていることが判明しました。

 
地域 罹患率
政令指定都市・東京23区 26%
その他の市 21%
町村部 18%
東海 29%
関東 27%
近畿 24%
東北 21%
甲信越・北陸 20%

 
年代別では、自覚症状がある人は、40代が最も多く51%に達し、症状が現れたのは、「10年以上前から」が38%で、「2~3年前から」と答えたのが21%となっています。

 花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれていますが、アトピー性皮膚炎が増加、社会問題化してきたのが。10年から15年ほど前ですから、この時期と符合しています。

 

 
  【花粉症の原因】

 
ご承知の通り、戦後、植林されたスギやヒノキ伐採されず、開花適齢期を迎え、春になってスギ花粉、ヒノキ花粉の飛散が増えるからです。
 以前は森に人の手が入り、自然との共存円滑でしたが、現在は山に人が入ることが無くなり、その結果、山は荒れ、荒れた樹木は子孫を残そうとし、その結果、大量のスギ・ヒノキ花粉を飛散させ、種の保存を図っているとも言われています。

 ひどい場合は、白煙を吐き、山が燃えているように見える時もあります。これに地球温暖化が拍車をかけ、花芽が大量につき、花粉が飛散しているのです。
 その影響は、花粉症患者も増加させているわけで、言い換えれば、人災を言っても過言ではないと思うのです。

 また、大気は排気ガスで汚染されいます。室内やオフィスは密封された空間で、建材や塗料に使われる有機ガスが発生。こうして化学物質が体内に流入し、アレルギー抗体を産生し、花粉症を発症していると言われています。

 発症の仕組みは、くしゃみで異物を吹き飛ばしたり、鼻水で異物を洗い流そうとする自然治癒力が働く結果であると考えられています・
 なので花粉症は、抗原抗体反応で、人間が持つ異物に対しての防衛反応というわけです。

 このアレルギー反応が増加しているのは、前述した要因に、私たちの体内の免疫反応が食品添加物や農薬、薬などの化学物質が蓄積したことによって過敏になってしまい、異常に反応してしまった結果であると指摘されています。




  【花粉症の対処法】

 
花粉が飛散する期間では、スギ花粉が2月ごろから4月下旬、ヒノキ花粉は3月中旬から5月ごろまで続くと言われています。
 しかし、この他には、シラカバ、イネ、ブタクサ、ヨモギなども花粉を飛ばしていますので、1年中、くしゃみや鼻水、鼻づまりに悩まされている人が増加しているのです。

 治療は有効な方法がなく、アレルゲンである花粉を少しずつ注射して、アレルゲンに慣らせてゆく減感作療法というのが唯一あるのみで、早めの治療が大事と言われています。
 最近では、舌下減感作療法という、花粉エキスを染み込ませたパンなどを舌の下に入れ、花粉エキスを体内に浸透させ、最後は食べてしまう方法が、注目されています。しかも、体内に抗体が出来るまで、3ヶ月ほどかかると言われています。

 減感作療法は、米国でも、2~3年と長期間かけ、ダニやアレルギーの治療でも一般的に行われているといいます。
 最近知り合った獣医さんも、ワンちゃんのアレルギーに米国から輸入したダニエキスを、ワンちゃんのアレルギー対策にも使われているとのことでした。

 私自身は、2002年頃から「花粉エキス」があることを知り飲み始め、また色々と調べていくうちに、舌下減感作療法と出合い、花粉エキスを飲むことが間違いないと確信に至るようになりました。

 

  その気になる商品は
                           

                           

                           

                          ↓


◆「花粉症が飛ぶ前から飲用がお薦め!」
 でも、「去年の多い時期でも、症状が出てからでも効果が得られていますので、今からでも大丈夫!」

 飲み方として、

◆カップ30ccで、1日2~3回の飲用で、2週間以内にお飲み下さい。
 個人の症状によって差がありますので、花粉症シーズンにまず1本飲んでください。飲んでも、改善が見られない場合は、もう1本飲むことをお薦めします。シーズン中、ずっと飲み続ける必要はありませんので。

◆花粉が飛散している時期には、
1.最初、寝る前にカップ1杯を飲んでください。翌日、症状が悪化していない時、朝・晩に1杯ずつ飲む。1本飲みきるのは同じです。
2.翌日、症状が悪化していたら半分の量に減らし、影響のでない量から飲み始める。

※アレルギーレベルの高い人は、花粉エキスを飲むことで症状が悪化する場合もありますので、症状を確認しながらお飲み頂く注意が必要です。




 
「すぎ・ひのきドリンク(花粉番)」をお飲み頂くと、ヒノキのシーズンまで大丈夫です。

花粉番
すぎ・ひのきドリンク

    【 すぎ・ひのきドリンク(花粉番) 】           
        容量:500ml(カップ付)      ¥8,500 +消費税
                       
               
 朗報です!
 すぎひのきドリンクに、お試しサイズが登場しました。
花粉番
すぎ・ひのきドリンクミニ
(お試しサイズ)

       【 すぎ・ひのきドリンク(花粉番) 】           
        容量:50ml      ¥600 +消費税



関連情報、関連グッズのコーナーへGO!

         花粉症の症状が出ている方向け対策商品
海の素(にがり) シジュウム茶 甜茶エキス+しその実油
海の素 シジュウム茶 甜茶エキス+しその実油
竹酢液 OSアロマ18 機能マスク「やすらぎ」
竹酢液 OSアロマ18 機能マスク「やすらぎ」

お電話でも、お気軽にご相談ください!
健康ステーション 担当 永井

お電話頂けましたら、折り返しで電話をかけ直させて頂きます)
営業時間:朝9:00から夜19:00まで(留守電の場合はご容赦下さい)
Copyright 2004 シーエス・ブレインズ有限会社 All rights reserved.