花粉症は国民病です! 対策&予防に奇策はありません。ホメオパシーの考えに基づき、抗体を作ることから始まります。
花粉症対策の決定版です。 花粉症&アレルギー性鼻炎対策
健康ステーション
おすすめ商品
よくある質問
症状別対策
抜け毛・薄毛
更年期
風邪
冷え対策
新陳代謝
アミノ酸
ビタミン・ミネラル
花粉症、鼻炎対策
スギ花粉エキス:フォレスト
花粉番
海の素
シジュウム茶
甜茶エキス+しその実油
竹酢液
OSアロマ18
機能マスク「やすらぎ」
その他サービス
資料請求はこちら
掲示板
メールマガジン申し込み
はじめての方へ
当社について
ご注文方法
送料について
返品について
返品・返金保証
無料相談

トップページ お問い合せ
カンタンに誰でもすぐに取り組める花粉症対策

クスリに頼らない!「花粉症対策の新常識」

 こんにちは。健康ステーション大阪の永井です。
 私は、89年に花粉症を発症して、12年ほどは薬のお世話になりましたが、その後は、栄養療法に取り組んでいたこともあり、花粉症の症状を改善するサプリメントを色々と試して参りました。

 皆さんもご存じの「しそ油」「甜茶」が使われたサプリメントも使いましたが、’02年に出合った「フォレスト(スギ花粉エキス)」により、減感作療法よりカンタンに取り組めることを知るようになりました。
 と同時に、鼻づまり対策として、シジュウムも使ったりしました。

 その後、減感作療法を続けることが難しく、より効果が高まると言われ始めた「舌下減感作療法」という方法が治験中であることを知りました。
 舌下減感作療法とは、食パンを1cm角に切り、舌の下にパンを置き、それに花粉エキスを染み込ませ、数分間置き、最後は食べてしまう方法です。

 その方法を知った時に、花粉エキスを飲むのと同じじゃないかと感じてしまいました。
 私は、’02年から花粉エキスを、毎年12月頃に飲みますので、花粉が飛散する頃には、抗体ができ、抵抗力も増しますので、目に少し違和感がある程度で、鼻には殆ど症状が出ていない状態です。
 2008.10月から泳ぎ始め、減量もし、体質改善に取り組んだことも、功を奏しているとは思うのですが。

 2010年になり、千島学説との出合いもあり、腸の働きを高め、免疫力を向上させ、花粉症に対する抵抗力を増しておく必要性も感じています。

 私は、自分の身体を通して体感してきたことを、お伝えしたいと思っています。
 なぜなら、自分も花粉症で悩んできたからこそ、悩みを共有できると思っているからです。
 ぜひ、じっくりとお読みくださいね。

スギ花粉症・ヒノキ花粉症対策商品(飲む減感作療法)

(花粉症予防と症状が出てからでも症状を緩和する商品です)
スギ花粉エキス:フォレスト
花粉番:スギ&ヒノキ花粉症対策
スギ花粉エキス
フォレスト
すぎ・ひのきドリンク(花粉番)
スギ&ヒノキ対策

花粉症の症状が出ている方向け対策商品
海の素(にがり) シジュウム茶
海の素 シジュウム茶 甜茶エキス+しその実油
竹酢液 OSアロマ18
竹酢液 OSアロマ18 花粉カット鼻マスク

花粉症予防&対策ハーブティー
ハーブティー・エルダーフラワー オールシーズンコンフォート
エルダーフラワー オールシーズンコンフォート

2017年春は、地域によりバラつきがある、という予測です!

 

2017年春の花粉飛散予測
来春の花粉飛散量は、西日本で2倍以上の地域が多く、関東ではやや少なく、北海道、東北では少なめ

 2017年の1月から2月は、全国的に平年並みの気温となるでしょう。ただし、1月の西日本では、寒気が流れ込みやすいため、気温は平年より低くなる見込みです。
 この時期の気温が平年より高いとスギ花粉の飛散開始は早まる傾向となりますが、2017年春のスギ花粉の飛散開始は、全国的に例年並みとなるでしょう。

 ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

 西日本を中心に花粉が多くなる傾向が予想されている理由は、今年の夏の天候にあります。花粉の飛散数は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数が多くなるといわれています。それでは、2016年の夏を振り返ってみましょう。
 2016年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多くなりました。また、北海道では降水量が記録的に多くなりました。

 以下のように、気象協会の第一次発表でも、以下のように予測されています。

1.概況  −西日本では前シーズンを上回る所が多い−

【前シーズン比】
 2017年は、九州・四国・近畿地方で非常に多く、中国・東海地方で多く飛散する見込みです。北陸地方はやや多いでしょう。関東地方ではやや少なく、東北地方と北海道では少ない見込みです。

 前シーズンは、春のスギおよびヒノキの花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数が、東北地方、関東地方で多くなりました。北陸地方より西の地域では少なく、非常に少ない地域もありました。
 2017年春の花粉飛散予測は、近畿地方、四国地方と九州地方で、前シーズンの2倍以上の飛散数となる見込みです。また、東海地方、中国地方は多く、北陸地方はやや多く飛散する予測となっています。関東地方はやや少なく、北海道、東北地方では少ない見込みです。

 というような予測が出されております。
 がやはり、花粉症キャリアの方には、安心は出来ないと言うことですし、これまで発症してこなかった方も、積もり積もったアレルゲンが、いつ噴出するかも分かりません。

 ですので、早めの対策をされ、2月中旬以降に訪れる花粉飛散に備えておきましょう。

 私は、上記にも書きましたが、長年の花粉症キャリアですし、色々と試してきて、自分なりに花粉症対策をしてきました。
 ですので、2005年も、そんなに悪化することなく、春の花粉症時期を乗り越えることが出来ました。

 確かに花粉症を元から断とうとすれば、体質改善を進めなければならず、食生活の根本から見直さなければならないのが辛いところです。
 鼻炎用のクスリなどは、大変便利なものです。食後に飲めば、カンタンに対処できますし、しばらくの間は気にせず、生活ができますからね。

 でも、結局は何の解決にもなっていないんですよね。毎年毎年、春先になるとクスリ代が馬鹿にならない方も少なくないはずですし、買いに行くのも面倒でしょう。
 さらに、想像してみて下さい。その繰り返しが、花粉症の症状を和らげるどころか、悪化させていることを。。。

 クスリというのは、便利なモノですが、身体の異変に対して根本的な解決を何もしていないのですからね。そして飲み続けると、あの麻薬と同じですから。。。
 かくいう私も、恥ずかしながら長年の花粉症キャリアです。でも、自然食品店(現在は閉鎖)を経営し始めてからは、クスリの服用は止めました。

 その時に出会ったのは、「甜茶エキス+しその実油」のサプリメントでした。この商品もその当時では、最高の組み合わせの商品だと認識しておりました。
 でも実は、その程度の情報しか、世の中に出ていなかったんです。未だに、甜茶を一所懸命薦めている専門店もあるぐらいですから。

 TVや雑誌で流される情報も、結局は、何かを取れば良いという場合が殆どで、現代医学を踏襲して、「○○」という素材や栄養素などを取れば、楽になると言うことを喧伝していますが、実際のところ、一時的には良くなったりすることもありますが、対症療法に過ぎませんので、結果的に元の木阿弥なのです。

 花粉症を代表する季節性のアレルギーも、結果的には、日々の心掛けで、軽くなったり、重くなったりするのです。
 それは、やはり「あなたが食べた物が、あなたの身体を作っている」ということに尽きると考えるようになりました。

 そして、2010年に出合いました千島学説で、小腸造血説を下に、いかに血をキレイにするかで、アレルギーをはじめとする病も、軽くなることが分かってきました。
 それぐらい、腸というのが大切であり、様々な免疫に関わっているので、腸の状態を整えつつ、舌下減感作療法的な対策も必要だと考えるようになりました。

                                   次ページへ続く→



お電話でも、お気軽にご相談ください!
健康ステーション 担当 永井
お電話頂けましたら、折り返しで電話をかけ直させて頂きます)
営業時間:朝9:00から夜19:00まで(留守電の場合はご容赦下さい)
Copyright 2004 シーエス・ブレインズ有限会社 All rights reserved.